株式会社プランテック

よりよい環境を創造するエンジニアリング会社​

新着情報 詳細

見附市新ごみ処理施設火入れ式を挙行

見附市新ごみ処理施設整備運営事業新ごみ処理施設建設工事の火入れ式を、3月22日(金)に新潟県見附市椿澤町の建設工事現場で挙行いたしました。火入れ式には見附市の久住市長を始め見附市関係者・地元関係者、また、当社の勝井社長以下、工事関係者が参列し、完成した施設の安全操業を祈願いたしました。

『見附市新ごみ処理施設整備運営事業』は、公設民営方式(DBO方式 Design Build Operate:公共が施設を設置し、施設の運営を民間が代行)により、焼却処理の過程で発生する熱エネルギーを有効利用するごみ焼却施設に加えて、不燃物資源化施設を併設する施設整備及び施設運営を行う事業です。事業期間は、建設期間が2019年5月まで、運営期間が2019年5月から2039年5月までの20年間となっています。
今後、試運転・性能試験などを経て5月に竣工の予定となっています。

■ 見附市新ごみ処理施設整備運営事業の概要

◇ 事業者   見附市(新潟県)
◇ 事業名   見附市新ごみ処理施設整備運営事業
◇ 事業方式  公設民営方式(DBO方式)
◇ 施設所在地 新潟県見附市椿澤町
◇ 事業内容  新ごみ処理施設の設計・建設及び運営管理業務(20年間)
◇ 事業期間  設計・施工期間:平成29年6月〜平成31年3月
          運営期間    :平成31年4月〜平成51年3月

■ ごみ処理施設の概要

◇ 燃焼方式  ストーカ式(竪型火格子式)
◇ 施設規模  焼却施設:38トン/日(19トン/16時間×2炉)
          不燃物資源化施設:1.5トン/5時間