planteee プランテック

設計部 機械所属 2016年入社

尾方 優士

YUUSHI OGATA

大阪大学 理学部物理学科卒

何もなかったところにできる巨大建造物。

大きなもの、目に見えるもの、カタチに残るものを作りたい。それが私の夢でした。一般のモノづくり企業から、珍しいところでは鉄塔を作っている会社まで、何社か受けましたが、私が思い描いていた夢を最も具現化できそうだったのがプランテックでした。入ってみると思った通りの会社でしたね。会社も自分も、日々成長していると肌で感じます。人間関係が良く、社長・役員・部長とも気軽に話すことができるし、わからないことがあれば何でも相談できる。手をあげれば何でもやらせてもらえるし、自分の好きな分野を伸ばせます。正直、勉強で覚えている時間はありません。仕事で身をもって覚えていくうちに、技術者としてスキルアップしていくことを実感しています。

最後まで責任を持つ、設計部の仕事。

機械と廃棄物の接触や空気の通りという内部の設計から、全体的な構成を意識した設計、外観の設計をするのが私のやっている機械設計の仕事です。全プラントがオーダーメイドなので、どんな敷地にどういう配置で、どんなゴミを燃やすのか?それらをどういう仕組みでエネルギーに変えるのか?自然環境への影響も考慮しなければなりません。複雑な制御を必要以上に組み込むことのない、機能を追求したシンプルな構造を実現するためには、機械の設計にかかわる高い技術力が必要です。社内で黙々と作業するばかりではありません。図面を作成する技術者とも議論を交わしますし、もちろん現場に足を運び、試運転や制御の確認をすることもあります。最初から最後まで責任を持つのが、機械設計の仕事なのです。

もっと作らないといけない、という使命。

アジアには当社の技術力を必要としているところがたくさんあります。インドでの展示会では、こんなにシンプルな構造で効率的かつ合理的にゴミが燃やせるのか!という点において、当社のブースは大手プラント各社をしのぐ注目を浴びました。海外では社名よりも技術力に興味を持たれますから。特に東南アジアではゴミの分別が浸透していない地域も多く、コンパクト・低コストで高性能な当社のプラントは、今まさに求められている仕組みなんです。もっと多くの国と地域に広めたい。そのために人材を必要としています。